ウーマン

紫外線によるシミも美容液で撃退できる|美白効果で肌を綺麗に

ビタミンcで美容対策

化粧品

肌への美容効果

ビタミンc誘導体はビタミンcの皮膚吸収力を高めた、高浸透なビタミンc系の美容成分です。ビタミンcはコラーゲンの合成を促す働きがあります。ビタミンcが原料になっているビタミンc誘導体にも、同じようにコラーゲンの生成を促し、たるんだ肌にハリを出す効果があります。また、シミの原因であるメラノサイトの働きを抑え、シミが出来ないようにする効果もあります。ビタミンc誘導体を使うとくすみが取れて肌全体が明るくなり、透明感が出ます。さらに過剰な皮脂の分泌を抑える働きがあるので、皮脂が原因で発生するニキビや毛穴の開きを予防することもできます。ビタミンc誘導体は肌にいい効果が沢山あることから、人気がある美容成分です。

つけるときの注意点

乾燥肌の人や乾燥する季節などは、ビタミンc誘導体を付けたらたっぷりと保湿をすることが大切です。ビタミンc誘導体の化粧水は、皮膚につけるとグングンと吸収されてなくなります。皮膚に潤いを与える効果はないので、保湿効果が高い基礎化粧品で潤いを補ってあげないと乾燥がひどくなることがあります。また、ビタミンc誘導体の配合濃度によって、肌への効果が違います。濃度が低いほど肌に安全です。濃度が濃すぎるとヒリヒリしたり、赤みが出たりする場合があります。初めてビタミンc誘導体を使用する場合は、1%程度の濃度の化粧水から試してみるのがお勧めです。事前に腕の柔らかい部分につけてパッチテストをしてから使えば安心です。